マサと出会って恋をして。告白編





おはこんにちは!シンゴです!😎


2人の馴れ初めもついに大詰め。


今回が告白編です。


1泊2日での旅行でロマンチックに告白できるかな。(笑)

さ、中身をご覧ください










1泊2日で富士急へ










2回目のデートの時に、「富士急にいこうね!」ということで別れた二人。







そうそう。マサはそういうテーマパークが好きなんよ。



ディズニーとか、ディズニーとか、ディズニーとか、富士急とか。(笑)










俺はテーマパーク系には興味ないけど、マサが楽しんでいるのを見てると楽しいから、たまに今でも一緒に行く😁











なんで初回のテーマパークが富士急になったのかは、忘れたけど
せっかく行くなら朝早く頑張っていくより、前の日に山梨県にはいって楽しみたいと俺が言ったので1泊2日になった。










といっても、初日は俺が予定があったのか、夜から出発することに。













もちろん、もう会うのも3回目。
きっとお互い惹かれあってるし、今回の旅行で告白しようと思い








俺って(たぶんマサも)ロマンチストだから、バラの花を1輪だけ用意して、マサをまった🌹





いつ渡すなんて、いつ告白するなんて、計画はないけど、それでよかった。











夜道を車でむかう








車でマサが迎えに来てくれたので、車に乗り込む。

バラの長さは、長めに用意してもらってたから隠すの必死ね。(笑)








そして、高速でむかう🚘







車内はいつも通り、マサの音楽。(笑)





俺は座席を斜めにし、マサの手を繋ぎながら外をながめていた。







俺って車酔いするんよねー。


だから、基本は黙ってる。(笑)

そして可能なら寝る。








ただ、まだ付き合ってないし、どちらかというと運転してくれてる人の隣で寝るのはどうなん?って思う人が多いと思うから頑張って起きてたんだけど、




マサは「いつも友達とドライブするときも、助手席に座った人は寝てても気にしないから、シンゴ君も寝ていいよ」って言われて









俺はお言葉に甘えて寝た。











少しして、起きたらもう外は真っ暗。


夜9時ぐらいだったし、


きっと山梨に入ったんだろーなって思った。











俺はおきたことを告げず、黙ったまま、


音量が寝る前より小さくなった音楽をききながら、


窓の外にひろがる星空をながめ、なんかロマンチックだなーー。って思ってた。
















車はホテルへ





高速をおりて、俺らはラブホテルに向かった。





セクマイカップルあるあるかもしれないけど、同性同士でホテル入ることに対して、変な顔されるのも面倒だし、
誰とも会わないラブホの方が気を使わず、安くていいホテルが多い☺







誰とも会うことのないワンガレージタイプで、なおかつ露天風呂があるホテルを探したらちょうどいいのがあったのでそこに!








すごく静かな林の中にあるホテルで、空気もよく最高だった☺






ホテルに着いたら、コンビニで買ったご飯を食べ、ホテルの特典についていたお酒を飲んで、外の露天風呂に一緒に入った。














以前銭湯で入ったときとは違って、誰もいない湯船に2人っきり。


マサも誰もいないときはくっつくの嫌がらないので、後ろからマサを抱きしめながらゆっくりつかっていた。









人を抱きしめてる時って、リラックス&ハッピーなホルモンが出るんよね。



だからすごく幸福感につつまれながら、俺はマサにくっついていた。










ただ、マサはそもそも湯船につかるとすぐのぼせる、貧血気味っていうの?

そういう体質なことを知らなくて、

いつもの俺の感覚でお酒飲んだ後にお風呂はいっちゃったから、少し具合が悪くなったマサ。









だから慌ててお湯から上がったの覚えてる。













ホテルで初めての亀さん(背中の上に乗る子亀をイメージした命名w)






とりあえず写真を撮りまくる俺ら。(笑)












ただ、お酒飲んだときの俺は本能に忠実だからダメねー🙄






お風呂あがって、少しゆっくりしてから、明日も早いし寝よーか。




ってなったのに、ベッドに入ると俺の中の野獣シンゴがあらわれて

※「いま野獣シンゴだわー。」とか言ってエッチなことをしたいことを今もアピールしてる。(笑)











マサはどう見ても疲れていたのに、だだこねて、エッチなことをした。

といっても、つながったわけじゃなくて、あっさりとね。








全然ロマンチックじゃない感じね😂









今考えるとかなり微妙やん。俺。(笑)









そんで、お互い一瞬でねた。


いやーーー。マサあの時はごめんね^^;














っさ!!!出発








マサは朝が得意、シンゴは苦手なので、二人の間をとって8時ぐらいに起きて行動した気がする。






朝はホテルの特典のモーニングを食べて、いざ富士急に出発した。








高速から見える富士山





外はいい天気!最高のテーマパーク日和😍



相変わらず助手席。(笑)


助手席でどや顔。(笑)






富士急ついて、俺はあんまり何分も並ぶのは好きじゃないので
(ディズニーで何分待ちとかできないタイプ)あんまり並ばない乗り物にドンドン乗っていった😗










こういう時に、無理して相手に合わせていると、いつか我慢してる方が疲れるから、俺はなるべく気持ちは表すようにしている。









話はそれるけど、俺は最初に会ったときから「おごったりしないからー」とか「こういうのは嫌だねー。」って伝えておく。






そうしておけば、途中でややこしいことは起きないし、自分が嫌だと思っていることを続けなくて済むでしょ??






「かっこつけたい」とか「嫌われなくない」って気持ちが出るのはよくわかるけど、自分を偽らない方がいい。









どうせ、性格は合う人は合うし、合わない人は合わない。







人として変化したほうがいい部分と、

変わらなくてもよい、アイデンティティみたいな部分。





自分が思っている・感じている今の感情がどちらなのかをきちんと考えて、

もしアイデンティティ的な部分なら、それは嫌だときちんと相手に伝えないと、うまくいかない。





ましてや、口にも出してないのに「彼氏がわかってくれなーい。」とかいうやつほど、自己中だ(笑)







コミュニケーションをとるための口があるのにもったいない☺






てことで、俺はバリバリ並ぶのは苦手アピールをしたので、富士急慣れしているマサが色々調整してくれて、楽しく回ることができた😄










ていうか、マサが俺に合わせてくれたから楽しく回れたのか!




ありがとう。マサ😙


一緒に食べたほうとう。俺もマサもうどんが好き。










お昼ご飯も食べて、少し混みあってる園内を回るのは疲れたので、二人でスケートすることにした!



俺は九州出身なのでスケートなんて、全然したことない😅








プラス、体幹があまりない。(笑)






なので、スケート全然できない中、頑張りましたよ。w



ほんと全然できなかった。(笑)





少し溶けた氷の上で、派手に転んだりしながら、かっこ悪いなんて気にせず二人で笑いながら楽しんだ。





twitter見てくれた人なら、わかるとおもうけど、2019/03に行った富士急は2回目のスケートだったのに、結構上達したとおもうでしょ??笑













・・・・








ってリンク貼ろう思ったら、そんなツイートなかった。(笑)








マサが顔出しオッケーになったら出しますね。

むしろ俺の上達ぶりをみてほしい。











(笑)







全然滑れないけど、めっちゃ頑張って練習したから汗だくw







まぁ、そんなこんなで、色々と楽しんで、二人ともたくさん笑って、






そろそろ夕方になるころ。












人前ではくっつけないし、キスもできない。














だから俺は観覧車に乗ろうと提案!








そこで、告白しよう!!!と思って😘









それで、観覧車にのって、



観覧車は、一番上まで到達









外を見ると大きな富士山があって、外は少しオレンジかかっていて。
とてもゆっくり時が流れていた。
















ただ、そこで俺は準備したバラが車の中にあることに気づく。。。苦笑














でも考えようによっては、あえて告白せずに

マサは「今回告白はないのかー。」




って思ったあとに、告白したら きっと驚くでしょ?w











あえて、落としてから、上げる。

これサプライズの鉄則。(笑)



ということで、告白はお預けを決意🙄












でも、観覧車内はかなりいい雰囲気。
























思い出の一枚。まだ付き合ってないけど、この日が記念日。俺のお気に入り













ちゅ。


















(((照れ)))












やわらかくて、優しいキス。















観覧車の中で内緒でね。(笑)















そうして、観覧車を降りた。

降りたらマサは、告白ないのかー。って顔をしてた気がして
俺は心の中で「大丈夫。マサのこと好きだよ。今日告白するかねー。」






って思ってた。(笑)







帰路に。そして。











外は、暗くなってきたし、その日のうちに帰る予定だったので、俺らは帰ることにした。








「楽しかったねー」っと二人で話しながら夜の高速を走り、俺はいつ告白するー????って考えてた。





もう、おしゃれなスポットなんてないし、、、










もう考えてもしかたないので、次のサービスエリアで告白しようと決めた!











サービスエリアに入って、

車内でたべるものを買って、

何気なく車内に戻る。














そして、後ろの席にある荷物に物を入れるふりをして、バラを取り出し、









「マサ、俺と付き合おう!」





ってバラを渡したらマサはびっくりしてたけど


「うん!もちろん!」





って言ってくれた😍







こうして、俺らは付き合うことになりました!
以外にあっさり。(笑)


まぁ、お互いの気持ちわかってたしね🤣








でも、すぐに俺は
花に慣れていない男の子が、部屋に花があっても困るだろうとおもったから、
(あと、マサはカミングアウトしてないし、部屋にバラがあっても変だよね。と思ったから)










「それでね、その花は家に帰ったらお母さんとかにあげたらいいよ」





と伝えた。








そうしたら、マサは、

「ほんとに渡していい??お母さんの誕生日が近いから、お母さんに渡す!」





と言って笑顔になっていた^^


















俺が尊敬する人が言っていた。




人からもらったものを大事にするのは当たり前だが、その頂いた物で人を喜ばせれたらもっと良い。
花をプレゼントでもらったなら、大事なのは花ではなく、あなたを祝いたいと思うその人の気持ちを受け取ること。





その花を独り占めにするんじゃなくて、気持ちを受け取って、また誰かに幸せのバトンを渡せたら素敵じゃない??










と。












渡したその花が、マサの大事な人を喜ばせることができるなら、これ以上に幸せなことはない。














そんな、想いから渡すことを許可した花が、あんなことになるとはね。



これは、マサ編で書いてもらおう。












それから、俺は家に送ってもらって、バイバイしたのでした。





もちろん最後にキスをしてね。













告白編。かなり長くなってしまった😗



次回からは、俺らの思い出に残る日々と、現在の日常を書いていきますね。





コメント、リツイートお待ちしてます!!笑



ではまたきてねー^^

ほのぼの日常を

ゲイとして一歩一歩の最新記事8件

>誰よりもよく笑い、誰よりも楽しもう

誰よりもよく笑い、誰よりも楽しもう

どんなときでも、人生悩むタイミングってありますよね。そんなときって人にやさしく出来なかったり、誰かを傷つけてしまったり、いろんなことがうまくいかなくて、嫌になっちゃうってことも。

僕らもありました。

でも、安心して。やまない雨はないんだって。時間が解決してくれるし、ちょっとした知識や考え方をかえるだけできっとうまくいきますよ。

まずは、自分を元気させよー!考えるのはそのあと(^^♪

CTR IMG